特殊油圧バルブの製造・販売の高美精機株式会社です。

Corporate Profile

会社概要


代表挨拶

我々は挑戦します。あなたの期待に応える“ものづくり”へ。

代表取締役社長
吉野 孝文

弊社は1959年の創業以来、特殊油圧バルブの製造販売を事業としてまいりました。
1964年油圧機器業界で画期的な分配集合を同調するデ・コ・バルブの開発に成功、日・米・英・独の特許を取得。
その後次々に特許製品を開発し、油圧バルブメーカーとしてのブランドを確立しました。
半世紀が経ち、市場環境が急激に変化を見せていますが、弊社のスローガンは創業時のまま一貫しております。
「特殊油圧バルブを通じて社会に貢献する」 「誰も作らないものを作る」
小さいながらもメーカーとして生き残り続けるスピリットです。
経済環境の変化をチャンスととらえ次のステージを目指し、高美精機も一歩一歩確実に歩んでいきます。


企業理念

オンリーワン企業を目指して

その一、
50年の経験と培われた技術力を活かし、お客様のご要望にお応えする商品を提供する
その二、
特殊油圧バルブを通じて、地域に根ざした企業活動を行い、経済・社会の発展に貢献する
その三、
個人の創造力とチームワークの強みを最大限に高め、オンリーワン企業を目指す

会社概要

会社名
高美精機株式会社 TAKAMI SEIKI Co.,Ltd.
設立年月日
1959(昭和34)年9月1日
資本金
2,300万円
代表者
代表取締役社長 吉野 孝文
本社所在地
〒350-0833 埼玉県川越市芳野台1-103-19
代表電話番号
049-224-4030
社員数
29名(2016年3月現在)
主な事業内容
特殊油圧バルブ製造・販売

沿革

1959
豊島区長崎に高美精機株式会社設立 資本金300万円
1963
新型油圧バルブ(FDT,FDCT)の開発に成功
1964
デ・コ・バルブ(TDCV)の開発に成功(日・米・英・独特許)
1.通商産業大臣より「優秀発明特許出願補助金」の交付
2.東京都知事より「東京都外国工業所有権出願補助金」の交付
3.東京都知事より「東京発明奨励金」の交付
1965
科学技術庁長官より「発明実施化試験費補助金」の交付
1967
本社工場を豊島区池袋に移転 資本金1,000万円に増資
1970
本社工場を練馬区豊玉中に移転 資本金2,300万円に増資
1980
本社工場を埼玉県川越市芳野台に移転
自社一貫生産化に伴い、最新の設備投資を実施
敷地2,504㎡ 建物1,088㎡
MCセンター(マザック・三井精機)10台導入
NC旋盤(マザック・池貝)10台導入
1989
第二工場完成 建物853㎡
1991
最新NC旋盤、フライス盤、油圧テスト装置を設備
2005
第一工場内に洗浄室を増築
スーパーラッパーSL-7型導入
ショットブラス導入
2006
第一工場改築
2007
第二工場大改築
油圧テスト装置改造
MCセンター(マザックPFH-4800)導入
2013
埼玉県知事より「彩の国工場」の指定工場に認定
中小企業庁より「平成24年ものづくり中小企業試作開発等支援補助金」の交付
NC旋盤(マザック INTEGREX J-200 UNIVERSAL 500)導入
MCセンター(マザック HORIZONTAL CENTER NEXUS 4000-3)導入
2014
中小企業庁より「平成25年ものづくり・商業・サービス革新事業補助金」の交付
NC旋盤(マザック QUICK TURN NEXUS 200-ⅡMS)導入
2016
中小企業庁より「平成27年ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」の交付
MCセンター(マザック HCN4000-3 6パレット仕様)導入